あたま山計画とは

学生A: なんですかこのあたま山計画って?

赤木: またこのページの作者がバカなことを始めたのよ。ほら、私たちに書かせた本がでたころは、まだ Alpha のワー クステーションとか使ってたじゃない。それでGRAPEのホスト計算機にも Alpha の SMP の計算機 をとかいうつもりだったらしいのね。でも、ほら、 Alpha はもう無くなるみ たいだし、すぐには無くならないにしても実質開発が止まってるからインテルの CPU を使った普通のパソコンと の性能差がほとんどなくなってきた、というよりもどうかするとインテルの CPU のほうが速かったりするじゃない。それでさすがに Alpha には見切りをつけて インテルとか AMD のを使うつもりになったみたい。

学生A: でも、それだけのことで「あたま山計画」なんて名前をわざわざ付けるなんて、なんかふざけてませんか?だいたいあたま山ってなんか変な落語かなんかじゃないですか?

赤木: 君も妙なことを知ってるわね。どうせこの作者のことだから、待兼山計畫みたいな格好いい名前が思いつけなかったのよ。

学生A: まあ、名前はなんでもいいですけど、 GRAPE がつくってのを別にすればただの PC クラスタなんじゃないんですか?わざわざこうやって紹介するほどの値打ちがあるものなんですか?

赤木: どうかしらね?まあ、作者によれば、普通の PC クラスタに比べて

とかいった特徴があるはずだってことだったわ。

学生A: えーと、なんか、それって、手抜きが特徴といってるみたいに見えるんですけど、、、

赤木: あら、見えるんじゃなくて本当にそうなのよ。 PC クラスタってあちこちでいろいろやってるけど、大きな問題はやっぱり「いろいろ手間がかかる」ってことなわけ。で、手間をお金で解決できるかというとこれも結構難しくて、PC クラスタを組んで売ってくれると称する会社はいっぱいあるけど、だいたい大した技術力なんかないわけよ。変なところにあたると結局こっちが技術指導してあげるみたいなものよ。もちろん、ものすごく沢山お金を払えばまともな技術者がいるところだってあるんでしょうけど、貧乏人根性がしみついた作者がそんなにお金を払うはずないでしょ?

学生A: 技術レベルは良くわかんないですけど、作者がお金を払うはずがないというのは良くわかります。

赤木: でしょ。だから、なるべく人手もお金もかけないで PC クラスタを組みたいというのでない頭をしぼっていろいろ考えてたわよ。で、大体考えは固まったんだって。

学生A: はあ、、、

赤木: まあ、詳しくは概要とかをみてきましょう。