学振未来開拓研究  第2回計算科学シンポジウム

計算科学ホー ム

開催趣旨

空間における様々な理工学上の現象を高速計算機によって解明しようとする分 野は計算科学と呼ばれています.この分野の進歩は目覚ましく,ベクトル型や並 列型スーパーコンピュータ等に代表されるハードウェアの進歩と,数値計算アル ゴリズムの進歩によって,最近の20年間に計算速度が数百万倍にもなりまし た.この驚異的な計算速度の向上によって,計算科学は基礎科学のみならず産業 界においても有効性が確認されつつあり,次第に従来の実験的アプローチに置き 換わりつつあります.しかし,現実に起こる複雑な現象を十分な精度で解析する には,現在の計算速度はまだまだ不十分であり,より一層の発展が求められてい ます.

以上のような背景のもとに,日本学術振興会の未来開拓学術研究推進事業の一 つの分野として「計算科学」が取り上げられ,理学および工学の諸問題の大規模 計算に関わる第一線の研究者が集まり,平成9年度より研究プロジェクトを開始 しました.現在,ほとんどあらゆる理工学分野において計算科学的アプローチが 用いられて研究が行われていますが,本研究プロジェクトでは,その中から計算 科学を代表すると考えられる以下の重点課題を設定し,研究を行うこととしまし た.

  1. 現在の最高速計算機であるテラフロップス級計算機が5年間に1〜2 桁高速化され,また汎用化されること.
  2. 新しい知見を容易に導入可能であり,上記のような高速計算機を最高 に活用できる大規模工学設計用ソフトウエアが開発されること.
  3. 実験的なアプローチでは解明が不可能な大規模な問題,すなわち地球 規模解析および物質解析を取り上げ,有効な計算アルゴリズムが開発され,それ が現実問題へ応用されること.
 この様な重点課題を遂行するために,5プロジェクトが選定され,研究を開始 しています.

 「第2回計算科学シンポジウム」は,本研究プロジェクトを含む国内外の「計 算科学」研究の新展開について,その目的,手法,期待される成果を集中的に議 論することを目的として開催されるものです.

案内



○主 催 日本学術振興会
        未来開拓学術研究推進事業
       「計算科学」研究推進委員会
○開催日 1999年2月1日(月)
        9:30〜10:00(受付)
       10:00〜17:10(シンポジウム)
       17:30〜19:30(懇親会)
○会 場 京都工芸繊維大学 1号館会議室
               (シンポジウム)
           同    大学会館(懇親会)
○参加費 シンポジウム      無料
        懇親会       3,000円
○参加お申し込み・お問い合わせ先
  〒606ー8585
  京都市左京区松ヶ崎御所海道町
  京都工芸繊維大学工芸学部機械システム工学科
  第2回計算科学シンポジウム事務局
  担当:梁 川 (里深研究室)
  TEL:075ー724ー7325(西田助教授室)
  FAX:075ー724ー7390
  E-mail:yanagawa@fe.mech.kit.ac.jp


○プログラム
  9:30-10:00 受付
10:00-10:10 開会の挨拶
        矢川 元基 (未来開拓計算科学研究推進委員会委員長
               /東京大学大学院工学系研究科教授)
 
セッションI
 (司会:森 正武 京都大学数理解析研究所所長)
10:10-10:50 境界要素法の進展
        小林 昭一 (京都大学大学院工学系研究科教授)
10:50-11:30 地球マントルの運動
        本多 了  (広島大学理学部地球惑星システム学科教授)

11:30-13:00 昼食・休憩

セッションII
 (司会:寺倉 清之 通産省工業技術院産業技術融合領域研究所首席研究官)
13:00-13:30 連続体向け超並列計算機の開発
        宇川 彰   (筑波大学物理学系教授)
13:30-14:00 多粒子系向け超並列計算機の開発
        牧野 淳一郎 (東京大学大学院総合文化研究科助教授)
14:00-14:30 次世代エレクトロニクスのための物質科学シミュレーション
        今田 正俊  (東京大学物性研究所教授)

14:30-15:00 コーヒーブレイク

セッションIII
 (司会:稲垣 康善 名古屋大学大学院工学系研究科研究科長)
15:00-15:30 設計用大規模計算力学システムの開発
        吉村 忍  (東京大学大学院工学系研究科助教授)
15:30-16:00 回転球面上の流体計算のための高速アルゴリズム
        杉原 正顕 (名古屋大学大学院工学系研究科教授)
16:00-16:30 高次精度大規模直接数値シミュレーション
        西田 秀利 (京都工芸繊維大学工芸学部助教授)
16:30-17:00 タンパク質の立体構造予測シミュレーション
        岡本 祐幸 (岡崎国立共同研究機構分子科学研究所助教授)

17:00-17:10 閉会の挨拶
        里深 信行 (京都工芸繊維大学工芸学部学部長)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−