研究会を開くはめになったときのために

これは、基本的には牧野個人用の覚書。想定規模は参加者40人以下。

コーヒー

研究会にとって、コーヒーブレークがちゃんとしていることはなによりも大事 (本当か?)。インスタントコーヒーなんてのは論外。 理想的には人、豆、機械にちゃんとしたものを手配したいが、コーヒーを大量 に作るためには機械のレンタルサービスが便利。

コーヒーメーカ、豆等の配達。短期利用もOK。 ocs-ebi@daikan.co.jp, 川崎様

ウェブページ 実質(カップ、豆、フィルタ等すべて込みで)コーヒー一杯あたり 100円 程度。 他にもあるかもしれない。参加人数×(ブレークの回数+1)×日数× 1.5 杯分 位(朝も出すとして)は欲しい。あと、ティーバッグでもいいから紅茶も出そ う。これはお湯だけ作っておけばOK。

クロワッサン

コーヒーとくれば次はクロワッサンである(ちょっと趣味に走ってるかも)。ベストは、会場近くのベーカリー と交渉して、朝、焼きたてのものを用意してもらうこと。配達もしてくれるな らそれにこしたことはないが、駄目ならとりにいく人を確保すること。クロワッ サンの他にドーナツ等もあるとよいかも。また、午前、午後のコーヒーブレー クには甘いものを用意したい。

会場

一番楽なのは、自分のいるところでやること。事前の準備、機械の手配等が圧 倒的に楽。問題は、講義期間中は大きな会場がとりにくいこと。40名程度なら 会議室とかが使えるが、かなり前から押えておく必要あり。場合によっては、 セミナー等で毎週とっている人にお願いして空けてもらうとか。

連絡

Email になって以前よりずーっと楽になった。アドレスリストをつくっておけ ば、一斉 連絡する、個別に返事を確認する、どちらも大した手間でなくできる。 Web ページをつくって流した 連絡のアーカイブを作っておくと重宝する(自分が)。

会場案内等

Web 上に、 を用意し、さらに当日は可能ならキャンパス入口、建物入口、会場入口のそれ ぞれに案内を出すこと。 あと、 も必須。出来れば、価格、メニュー、あとベジタリアンが食事可能かどうかと かが書いてあるとよりよいかも。

宿泊

東京のホテルは狭くて高い。わりといいのは 東急ステイ、長期 滞在も可能。本郷でやるなら山上会館とその別館もいいが、収容能力がそんなに多 くない。

スケジュール

国内の小規模研究会なら、 国際研究会なら、 他にしないといけないこと:

リンク